幼年国語教育会

言葉の教育は
子供たちへの
最大の贈り物

幼年国語教育会は、
教育学者・故石井勲博士の提唱してきた幼児からの
正しい言葉の教育に共鳴する
幼稚園・保育園・学校、学識経験者などによって発足しました。
各種研修会の開催、機関紙「幼年国語教育会だより」の発行、
「漢字かるた大会」「音読コンクール」の開催など
様々な活動を展開しています。

幼年国語教育会会長 清水良明
幼年国語教育会会長
清水良明

石井勲(いしいいさお)先生は「漢字は表語文字である」とおっしゃいました。

漢字を覚えることは、「語」つまり言葉を覚えることと同じです。言葉は知識を刈り取る道具です。子供が言葉を早いうちに多く覚え、読書に親しむことによって、その子の知能と情緒は飛躍的に向上するでしょう。

幼児期は記憶力の大変優れた時期です。石井方式は、早期教育でも英才教育でもなくて、臨界期を逃さない、無理のない効率的な「適時教育」なのです。臨界期に十分な言語教育を授け、幼児を健全に育てるという意味で、それ以後の教育とは比べものにならないほど重要な役割を担われているのが幼稚園・保育園の先生方です。全国の先生方が、それに値する役割を果たされ、園児たちを誇れる子供に育てていただくことを願っております。

名誉会員

阿辻哲次
京都大学名誉教授
石川真理子
作家
占部賢志
中村学園大学教授
大畑誠也
元 九州ルーテル学院大学客員
教授
小笠原敬承斎
小笠原流礼法宗家
鍵山秀三郎
日本を美しくする会相談役
隂山英男
教育クリエイター・隂山ラボ代表
久保田競
京都大学名誉教授
鈴木秀子
文学博士
髙橋史朗
麗澤大学大学院特任教授
田下昌明
医療法人歓生会豊岡中央病院
会長
土田健次郎
早稲田大学教授
寺田一清
不尽叢書刊行会代表
中村功
日本ハウスHD創業者
野口芳宏
植草学園大学名誉教授
長谷川芳典
岡山大学特命教授
村上和雄
筑波大学名誉教授

(五十音順)

沿革

1968年
4月
幼年国語教育会設立
1969年
8月
第1回石井方式夏期指導者研修会開催(以降毎年開催)
1984年
9月
ビデオ『幼児は漢字が大好きだ~現場からの実践報告・指導編』制作(石井勲監修)
1987年
12月
台湾教育見学の旅開催
1993年
1月
第1回全国漢字かるた大会開催(以降毎年開催)
1994年
11月
全国幼児教育者サミット開催
2000年
音読コンクール第1回個人の部開催(以降毎年開催)
2005年
音読コンクール第1回団体の部開催(以降毎年開催)
2008年
5月
第1回幼稚園・保育園教育者サミット21開催(以降毎年開催)
この年から音読コンクールの後援に読売新聞社が加わる
2009年
2月
この年から全国漢字かるた大会の後援に読売新聞社が加わる

幼年国語教育会