登龍館トップページへ
お問い合わせ窓口
ホーム よくあるご質問 サイトマップ
ホーム > 幼児教育について
幼児教育について
読み書き数遊び(学力の土台作り)
読み書き数遊び

古くから、学習の基礎として唱えられることの多い、読み書き計算。

近年、学力低下に対する危惧から、あらためて基礎学力の養成に力を入れて取り組むべきとの要望が高まってきています。登龍館では、子供に負担をかけず、適切な時期に、のびのび学べることを重視しながら、幼児期からの基礎学力の養成に取り組んでいます。

「読み」は、石井方式の、子供たちにとってもわかりやすい「漢字かな交じり文」絵本で。心を豊かに育みながら、読解力も育てます。

「書き」についても、子供たちは、鉛筆を持つのも慣れておらず、手や指の動きがなめらかではないので、まずは書く楽しさを体験することを優先し、その中で、線の運び、さらには書く時の姿勢を身につけるというように、順に習得できるようにと考えています。正しい姿勢や持ち方は、美しい字と心を養います。

・そして「数遊び」。あえて算数や計算と呼ばないのも、「読み」や「書き」と同じく、まずは慣れ親しみながら、基礎や土台となるものをしっかり身につけることが重要だからです。日常生活と結びつけて、楽しみながら体感的に数の概念を理解していくことが、この時期には最も重要です。

このように、何でも吸収する大切な幼児期だからこそ、読み書き数遊び、そして躾の基礎は、楽しみながら、しっかり身につけることで、子供たちは積極的な姿勢で、その後の学習や生活に取り組むことができるようになるのです。

読み
書き
数遊び
導入をご検討中の方へ

これらは一例です。ご導入の際は、ご希望や状況に応じた様々なサポートをさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

さらに詳しく読み書き数遊びQ&A
書き教材・数遊び教材のご紹介
お問い合わせ
プライバシーポリシー サイト利用条件 推奨環境 CopyRight©2006株式会社登龍館